東寺・金堂

日本の建物 - - たびづと 2020.01.17 Friday

 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山である。

教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。

 

 国宝・金堂は東寺の中心堂宇で、諸堂塔のうちもっとも早く建設が始められ、東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)までには完成していたと推定される。

現存の建物は慶長8年(1603年)、豊臣秀頼の寄進によって再建したもので、奉行として片桐且元が任に当たった。

内部は広大な空間の中に本尊の薬師如来坐像と日光菩薩、月光(がっこう)菩薩の両脇侍像が安置されている。

(wikiから引用)

 

東寺Webサイト

東寺(wiki)

 

撮影日:2017年2月27日


 

国宝 東寺・金堂

 

慶長8年(1603年)に再建された

 

東寺・五重塔

日本の建物 - - たびづと 2020.01.15 Wednesday

 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山である。

教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。

(wikiから引用)

 

東寺Webサイト

東寺(wiki)

 

撮影日:2017年2月27日


 

東寺・五重塔

 

寛永21年(1644年)に再建

清水の舞台

日本の建物 - - たびづと 2020.01.10 Friday

 清水寺(きよみずでら)は、京都府京都市東山区清水にある寺院。山号は音羽山。もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。西国三十三所第16番札所。

清水の舞台は、釘を一本も使わずに組み上げた木造建築の舞台です。

 

清水寺Webサイト

清水寺(wiki)

 

撮影日:2016年9月27日


清水寺、本堂前手前

 

清水の舞台を下から

 

 

神泉苑・法成橋

日本の建物 - - たびづと 2020.01.08 Wednesday

 神泉苑(しんせんえん)は、京都市中京区にある東寺真言宗の寺院。

本尊は聖観音・不動明王・弘法大師。二条城の南に位置し、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇のための庭園)であった。(wikiから引用)

天長元年(824)弘法大師空海が祈雨修法の際、勧請された善女龍王社を祀り、法成橋は、空海が法力を成就させたことから『一願成就』の橋としても知られます。

 

神泉苑Webサイト

神泉苑(wiki)

 

撮影日:2016年1月26日


神泉苑法成橋

 

神泉苑・善女龍王社

日本の建物 - - たびづと 2020.01.06 Monday

 神泉苑(しんせんえん)は、京都市中京区にある東寺真言宗の寺院。

本尊は聖観音・不動明王・弘法大師。二条城の南に位置し、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇のための庭園)であった。(wikiから引用)

善女龍王社は、天長元年(824)弘法大師空海が祈雨修法の際、勧請された善女龍王社を祀ってあります。 

 

神泉苑Webサイト

神泉苑(wiki)

 

撮影日:2016年1月26日


 

神泉苑善女龍王社(龍神様の社)

 

建仁寺・三門

日本の建物 - - たびづと 2019.12.28 Saturday

 建仁寺(けんにんじ)は、京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院。山号を東山(とうざん)で、本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西です。

三門は「望闕楼」(ぼうけつろう)の別称がある。静岡県浜松市(旧浜名郡雄踏町)の安寧寺から1923年(大正12年)に移築したもので、江戸時代末期の建築です。
(wikiから一部引用)

 

建仁寺Webサイト

建仁寺(wiki)

 

撮影日:平成28年9月27日


 

建仁寺三門

 

「望闕楼」(ぼうけつろう)と書かれた扁額

建仁寺・法堂

日本の建物 - - たびづと 2019.12.26 Thursday

 建仁寺(けんにんじ)は、京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院。山号を東山(とうざん)で、本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西です。

法堂(はっとう)は仏殿(本尊を安置する堂)と法堂(はっとう、講堂にあたる)を兼ねている。

明和2年(1765年)の建立。また、2002年(平成14年)創建800年を記念して天井に小泉淳作により双龍の絵が描かれた。

(wikiから一部引用)

 

建仁寺Webサイト

建仁寺(wiki)

 

撮影日:平成28年9月27日


 

建仁寺法堂(はっとう)

 

小泉淳作による双龍の絵

 

 

 

泉涌寺舎利殿

日本の建物 - - たびづと 2019.12.22 Sunday

 泉涌寺は、真言宗泉涌寺派の総本山で、皇室との関連が深く『御寺(みてら)』とも呼ばれています。

寺名は、鎌倉初期に月輪大師俊芿(しゅんじょう)が宋の法式を取り入れて、大伽藍を営むことを志した際、

敷地の一角から清水が湧き出たことから改称されたそうです。

 

 舎利殿は、釈迦の歯(仏牙舎利)を奉安する貴重な霊殿であり、慶長年間、京都御所の建物を移築改装したもので、仏殿と同時代に現位置へ移されました。

(泉涌寺Webサイトから一部引用)

 

泉涌寺Webサイト

泉涌寺(wiki)

 

撮影日:平成28年1月26日


 

泉涌寺舎利殿

泉涌寺仏殿

日本の建物 - - たびづと 2019.12.20 Friday

 泉涌寺は、真言宗泉涌寺派の総本山で、皇室との関連が深く『御寺(みてら)』とも呼ばれています。

寺名は、鎌倉初期に月輪大師俊芿(しゅんじょう)が宋の法式を取り入れて、大伽藍を営むことを志した際、

敷地の一角から清水が湧き出たことから改称されたそうです。

 

 仏殿内陣には運慶作と伝える阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏が安置され、過去・現在・未来の三世にわたって人類の平安と幸福を祈る人々の信仰を集めています。

(泉涌寺Webサイトから一部引用)

 

泉涌寺Webサイト

泉涌寺(wiki)

 

撮影日:平成28年1月26日


 

泉涌寺仏殿

南禅寺三門

日本の建物 - - たびづと 2019.12.18 Wednesday

 南禅寺三門は永仁3年(1295)西園寺実兼の寄進によって創立され、応安年間に新三門へと改築されたが文安四年の火災で焼失した。
現在の三門は寛永5年(1628)藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた家来の菩提を弔うために再建したもの。

また、この三門は歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の伝説で有名です。

(南禅寺公式サイトから一部引用)

 

南禅寺Webサイト

南禅寺三門

南禅寺(wiki)

 

撮影日:平成29年7月26日


 

南禅寺三門

 

三門上部

 

三門からの眺め

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲