興福寺南円堂

日本の建物 - - たびづと 2019.12.11 Wednesday

 興福寺南円堂は、藤原北家の藤原冬嗣が、父・内麻呂の追善のため、弘仁4年(813年)に創建した八角堂です。

現在の建物は寛政元年(1789年)の再建。創建時の本尊は、もと興福寺講堂に安置されていた不空羂索観音像であった。

この像は天平18年(748年)、その前年に没した藤原房前の追善のため、夫人の牟漏女王、子息の藤原真楯らが造立したものであった。堂は西国三十三所の九番札所として参詣人が絶えないが、堂の扉は常時閉ざされており、開扉は10月17日の大般若経転読会という行事の日のみである。(wikiから引用)

 

興福寺南円堂

興福寺(wiki)

 

撮影日:平成19年3月14日


 

興福寺南円堂

 

平等院鳳凰堂

日本の建物 - - たびづと 2019.12.09 Monday

 平等院(びょうどういん)は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの仏教寺院。山号は朝日山。

開基は藤原頼通、開山は明尊。本尊は阿弥陀如来坐像。

宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立寺院となっていて、最勝院(本山修験宗聖護院末寺)と浄土院(浄土宗寺院)が年交代制で共同管理している。

 

平等院公式サイト

平等院(wiki)

 

撮影日:平成19年3月12日


 

平等院鳳凰堂

 

薬師寺金堂

日本の建物 - - たびづと 2019.12.03 Tuesday

 薬師寺は天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿〈きどの〉町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転した。

また、興福寺とともに法相宗の大本山であり、開基は天武天皇、本尊は薬師如来。南都七大寺のひとつに数えられる。

(wikiから引用)

 

薬師寺

薬師寺(wiki)

 

撮影日:平成19年3月12日


薬師寺金堂、左の塔は国宝・東塔。

 

薬師寺西塔

 

法隆寺夢殿

日本の建物 - - たびづと 2019.12.01 Sunday

 法隆寺夢殿は、奈良時代の建立の八角円堂。堂内に聖徳太子の等身像とされる救世観音像を安置する。

夢殿は天平11年(739年)の法隆寺東院創立を記す『法隆寺東院縁起』の記述からその頃の建築と考えられているが、

これを遡る天平9年の『東院資財帳』に「瓦葺八角仏殿一基」の存在が記され、その頃に創立された可能性も考えられている。

8世紀末頃には「夢殿」と呼称される。(wikiから引用)

 

法隆寺公式サイト

法隆寺(wiki)

 

撮影日:平成19年3月12日


 

国宝・法隆寺夢殿(奈良時代の建立) 地図

法隆寺中門

日本の建物 - - たびづと 2019.11.29 Friday

 法隆寺は、推古14年(606)に聖徳太子が法華経を講説されたという岡本宮を寺に改めたものと伝えられ、法隆寺、四天王寺、中宮寺などと共に、太子御建立七ヵ寺の一つにかぞえられています。

 

法隆寺公式サイト

法隆寺(wiki)

 

撮影日:平成19年3月12日


 

国宝・法隆寺中門(飛鳥時代の建立) 地図

 

金剛峯寺根本大塔

日本の建物 - - たびづと 2019.11.27 Wednesday

 高野山金剛峯寺にある仏塔、根本大塔。

816年から887年ごろに完成したと伝えられ、弘法大師は、この大塔を法界体性塔とも呼ばれ、真言密教の根本道場におけるシンボルとして建立されたので古来、根本大塔(こんぽんだいとう)と呼んでいるそうです。

(金剛峯寺公式サイトから一部引用)

 

金剛峯寺

金剛峯寺壇上伽藍(根本大塔の説があります)

 

撮影日:平成18年8月5日


 

金剛峯寺根本大塔

ケーブル高野山駅

日本の建物 - - たびづと 2019.11.24 Sunday

 高野山ケーブルカーは南海電鉄が運営する鋼索鉄道路線です。

1930年(昭和5年)に開業し、極楽橋駅−高野山駅間0.8kmを繋いでいます。

 

ケーブル高野山駅

南海鋼索線(wiki)

 

撮影日:平成18年8月5日


 

高野山ケーブル高野山駅

 

高野山ケーブルの線路

 

宝珠山立石寺

日本の建物 - - たびづと 2019.11.20 Wednesday

 芭蕉の句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」で有名な山形県にある立石寺です。通称山寺とも呼ばれています。

立石寺の創建は、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされていますが、諸説有るようです。

 また、根本中堂にある「不滅の法灯」は、本山である比叡山延暦寺から分けられたもので、元亀2年(1571年)9月の織田信長の比叡山焼き討ちの際に消えた「不滅の法灯」は、後年立石寺の火を延暦寺に戻したと言われています。

 

宝珠山立石寺

立石寺(wiki)

不滅の法灯(wiki)

 

撮影日:平成19年6月14日


 

立石寺本堂

 

立石寺奥の院

 

 

 

三菱一号館美術館

日本の建物 - - たびづと 2019.11.18 Monday

 東京丸の内にある三菱一号館美術館。

ここは三菱地所が運営する企業博物館で、同館の建物は丸の内最初の洋風貸事務所建築として明治時代に建てられた(旧)三菱一号館を復元したものです。

 

三菱一号館美術館

 

撮影日:平成24年8月、他


 

三菱一号館美術館

 

正面から

 

屋根に作られた飾り窓

 

 

東京駅丸の内駅舎

日本の建物 - - たびづと 2019.11.06 Wednesday

 1914年(大正3年)に建設された東京駅丸の内駅舎は、建築家・辰野金吾により設計された建物です。

しかしながら、1945年(昭和20年)、戦災により南北ドームと屋根・内装が焼失し、3階建てだった駅舎は、応急処置として2階建て駅舎となり、半世紀近くそのままでした。

 

 そして、2007年4月に再建工事が開始され、約5年半の歳月をかけ、2012年10月、建設当時の姿を取り戻しました。

また、駅前広場も2017年12月に整備がおわり、広々とした姿となりました。

 

東京駅

 

 

撮影日:平成29年6月11日、14日


 

東京駅丸の内駅舎中央口

 

整備された駅前広場

 

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲