真言宗総本山 教王護国寺1

お寺巡り comments(0) trackbacks(0) たびづと 2017.02.28 Tuesday

 京都にある「真言宗総本山 教王護国寺」へ行って来ました。

お寺の名前にピンと来ない方は、東寺(とうじ)と言えば知っている方も多いと思います。

新幹線で西へ向かうとき、京都駅近くで左手に見える五重塔が東寺です。

 

真言宗総本山 教王護国寺(東寺)Webサイト

東寺(京都観光Navi)

東寺(wiki)

 

関連するブログ記事

真言宗総本山 教王護国寺1

真言宗総本山 教王護国寺2

真言宗総本山 教王護国寺3

 

ウィキペディアから引用

 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある仏教寺院。

真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある。「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。

山号は八幡山。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。

 

 東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。

 

 中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。

 

 昭和9年(1934年)に国の史跡に指定、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。

 

撮影日:平成29年2月27日


 

東寺の東門

 

今回のお目当て、五重塔特別公開

 

食堂(じきどう)

 

食堂どうには、写経場やお遍路用品の売店もある

 

講堂には、大日如来像を中心に多くの国宝の仏像が安置されている

 

講堂は、重要文化財に指定されている

 

金堂、薬師如来像、月光菩薩像、日光菩薩像が安置されている

 

金堂は、国宝に指定されている

 

国宝、東寺五重塔

 

東寺の五重塔、高さ55m、木造建築物で日本一の高さがある

 

境内案内図

 


 

【東寺への交通案内】

 

最寄り駅

JR京都駅八条口から徒歩で15分〜20分。
 

JR大阪駅から

JR京都線で京都駅下車

新快速で京都駅まで所要30分

 

JR東京から

東海道新幹線で2時間20分

 

 

東寺周辺の地図、大きな地図はこちら

 


 

【京都の宿予約】


アパホテル<京都駅前>


京都タワーホテル


新・都ホテル(八条口にある)


ホテル近鉄京都駅(駅から0分)

 

京都駅周辺のホテル

 

京都駅周辺のホテル

 

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲