今年の祇園祭は酷暑

旅の情報 comments(0) trackbacks(0) たびづと 2018.07.13 Friday

 明日から始まる祇園祭前祭宵山は、猛烈な暑さになる模様。

 

 気象協会によれば最高気温37度、ウェザーニュースによれば最高気温38度の予報。

気温を測る時は、「日陰で芝生の上、高さ1.5mの風通しの良い所」だが、京都市中心部ではあまり無い条件。

少なくとも祇園祭宵山を見る所は、「アスファルト上で直射日光があたり風通しも期待できない」場所が多い。

 

 依って前祭宵山を見る時は、日没後の19時以降がお勧め。

とは言え、日没後、急に気温が下がる分けでは無いので要注意。土日の最低気温は25度〜27度の予報が出ている。

 

【7/14追記】

アメダスの記録では、京都の7月14日の気温は、15時で38度、19時で34度、21時で31度となっている。

ほぼ予報通りの気温になっており、見学には厳しい気温になっている。くれぐれも体調にはご注意を。

特に小さなお子さまには気を使って下さい。

 

 

京都の天気予報(日本気象協会)

京都の天気予報(ウェザーニュース)

 

日中山鉾を見て回るなら

・帽子や日傘を使う

・水分補給を十分に行う

・休憩を十分取る

・風通しの良い涼しい服装

・無理せずゆっくり回る

事をお勧めします。

 

昼間の前祭宵山

 

夜の前祭宵山

 

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲