東京駅丸の内駅舎

日本の建物 - - たびづと 2019.11.06 Wednesday

 1914年(大正3年)に建設された東京駅丸の内駅舎は、建築家・辰野金吾により設計された建物です。

しかしながら、1945年(昭和20年)、戦災により南北ドームと屋根・内装が焼失し、3階建てだった駅舎は、応急処置として2階建て駅舎となり、半世紀近くそのままでした。

 

 そして、2007年4月に再建工事が開始され、約5年半の歳月をかけ、2012年10月、建設当時の姿を取り戻しました。

また、駅前広場も2017年12月に整備がおわり、広々とした姿となりました。

 

東京駅

 

 

撮影日:平成29年6月11日、14日


 

東京駅丸の内駅舎中央口

 

整備された駅前広場

 

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲