宝珠山立石寺

日本の建物 - - たびづと 2019.11.20 Wednesday

 芭蕉の句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」で有名な山形県にある立石寺です。通称山寺とも呼ばれています。

立石寺の創建は、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされていますが、諸説有るようです。

 また、根本中堂にある「不滅の法灯」は、本山である比叡山延暦寺から分けられたもので、元亀2年(1571年)9月の織田信長の比叡山焼き討ちの際に消えた「不滅の法灯」は、後年立石寺の火を延暦寺に戻したと言われています。

 

宝珠山立石寺

立石寺(wiki)

不滅の法灯(wiki)

 

撮影日:平成19年6月14日


 

立石寺本堂

 

立石寺奥の院

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲