東寺・講堂

日本の建物 - - たびづと 2020.01.23 Thursday

 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山である。

教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。

 

 重要文化財。金堂の背後(北)に建つ。東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)にはまだ建立されておらず、天長2年(825年)空海により着工、承和2年(835年)頃完成した。当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆による火災で焼失し、室町時代の延徳3年(1491年)に再建されたのが現存する講堂である。(wikiから引用)

 

東寺Webサイト

東寺(wiki)

 

撮影日:2017年2月27日


 

国宝 東寺・金堂

 

延徳3年(1491年)に再建された

 

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲