清荒神清澄寺5

お寺巡り - - たびづと 2020.09.10 Thursday

 8月の猛暑の日曜日、宝塚市にある清荒神清澄寺へお参りに行って来ました。

清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)は寛平8年(896年)に創建された古寺です。

また、このお寺は神仏習合が色濃く残っており、拝殿(天堂)と本堂があります。

5回目は境内末社など。

 

清荒神清澄寺

清荒神清澄寺(wiki)

 

撮影日:2020年8月23日


 

護法堂、ご祭神は大勝金剛転輪王(如来荒神)、歓喜童子、弁才天

 

眼神祠、以前は参詣の方々が柄杓で水を汲み、眼を洗ったりした

 

龍王堂、御祭神は善女龍王

 

神変大菩薩(行者祠)

役行者(えんのぎょうじゃ)、役小角(えんのおづぬ)をお祀っている

 

納札所


 

【清荒神への交通案内】


最寄り駅は阪急電車宝塚線清荒神駅。
駅前から続く参道を20分程歩く、ゆるい上り坂です。

尚、日曜日・祝日はJR宝塚駅前から連絡バスが運行されています。

詳しくはこちら


阪急大阪梅田駅(JR大阪駅隣接)から
急行宝塚行で32分、清荒神駅下車。

 

阪急神戸三宮駅(JR三ノ宮駅隣接)から
大阪梅田行の急行で西宮北口駅乗り換え

西宮北口駅から宝塚行で宝塚駅乗り換え

阪急宝塚線の大阪梅田方面行きで清荒神下車。

所要約50分。


新大阪駅から

JR東海道線で大阪駅乗り換え。

阪急大阪梅田駅から宝塚行で清荒神駅下車。

 


 

清荒神周辺の地図、大きな地図はこちら

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲