【写真】鎌倉・黄梅院

お寺巡り comments(0) trackbacks(0) たびづと 2015.03.14 Saturday
 鎌倉・円覚寺境内にある黄梅院。
黄梅院(おうばいいん)は、第十五世夢窓疎石(夢窓国師)の塔所(たっちゅう)。
本尊は千手観音菩薩、1354年(文和3年)、門弟の方外宏遠(ほうがいこうえん)が開創した。
JR北鎌倉駅に近い円覚寺境内の、一番奥にある。草木に囲まれた静かな場所だ。

円覚寺Webサイト 境内案内はこちら

山門前にある案内


山門をくぐると塔頭へ続く小路がある


塔頭


境内にある木製の仏像


【黄梅院への交通案内】
最寄駅はJR横須賀線北鎌倉駅、円覚寺は駅から近い。
黄梅院は円覚寺境内にあるので、入山料を払い円覚寺へ入る必要がある。

JR横浜駅から
JR横須賀線、湘南新宿ラインの逗子方面行きで25分。

JR東京駅から
JR横須賀線で1時間、または、JR東海道線で大船駅乗換。

JR新宿駅、渋谷駅から
JR湘南新宿ラインの逗子行で1時間。

JR鎌倉駅から
バスの便もあるが、横須賀線で1駅4分が便利。本数もバスより多い。


◯円覚寺の地図は、お寺の公式サイトに詳しく出ている。
円覚寺・北鎌倉駅周辺の地図
境内の地図・案内



 
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲