【写真】上野公園散歩3

東京の風景 comments(0) trackbacks(0) たびづと 2015.11.08 Sunday

秋の日、上野公園を散歩してきました。
今日は、花園稲荷神社と五條天神社です。

五條天神社Webサイト
花園稲荷神社Webサイト
上野恩賜公園Webサイト

【写真】上野公園散歩1
【写真】上野公園散歩2
【写真】上野公園散歩3
【写真】上野公園散歩4


【五條天神社】
・御祭神
 大己貴命(おおなむちのみこと) = 大国主命(おおくにぬしのみこと)
 少彦名命(すくなひこなのみこと)

・相殿
 菅原道真公

・縁起(神社Webサイトから引用)
 第十二代景行天皇の御代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の為、上野忍が岡をお通りになられた時、薬祖神(上記の二柱)の大神に御加護を頂いた事を感謝なされて、この地に両神をおまつりなされました(約1890年前)。



上野公園側の参道入口。五條天神社と花園稲荷神社の共通。


朱塗りの鳥居が並ぶ参道、通常これは稲荷神社の特徴。


手水舎。


五條天神社、社殿。



【花園稲荷神社】
・御祭神
 倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
※伊勢の神宮外宮に祀られている豊受姫命(とようけひめのみこと)と同一視されることも多い。

・縁起(神社Webサイトから引用)
 御創祀の年月は不祥ですが、古くからこの地に鎮座し、忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)が正しい名称ですが、石窟の上にあった事から俗称、穴稲荷とも云われていました。

 承応三年(約340年程前)、天海大僧正の弟子、本覺院の住僧、晃海僧正が、霊夢に感じ(家光の命とも言われている)廃絶していたお社を再建し上野の山の守護神としました。

 幕末、彰義隊の戦では最後の激戦地(穴稲荷門の戦)として知られています。
 

両神社は階段を挟んで隣接している。
また、社務所は共通のようだ。


手水舎。


花園稲荷神社、社殿。



【上野恩賜公園への交通案内】
最寄り駅は、JR上野駅公園口、京成電鉄・東京メトロ銀座線上野駅。

東京駅から
JR山手線(内回り)・京浜東北線で上野駅下車。

池袋・新宿駅から
JR山手線(外回り)で上野駅下車。

渋谷駅から
東京メトロ銀座線で上野駅下車。


上野恩賜公園の地図、大きな地図はこちらGoogle map はこちら

地図は公式サイトからの引用
 

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲